院内託児所ありの病院
ママナース 転職 子育てしやすい病院で働く > ママナースの働き方 > ママナースの復職・転職 大切にしたい働き方の条件

ママナース 復職 転職


ママナース 育児と両立して働くための復職・転職

ママナースの働き方、やはり独身時代や子供が生まれる前とは全く違いますよね。

一言で言えば、ハード!

寝る時間も激減しますし、夜泣きがあれば徹夜に近い日も続きます。
夜泣き
家事もこなす時間が減り、溜まる食器、洗濯物・・・。

買い出しにも行くのが大変!ネットで食材宅配を利用したりAmazonや楽天を使って買い物をする頻度が増えた、というママさんは多いのではないでしょうか。

一人よりも二人、三人と子供が増える度にママの忙しさは増えます。
子供が二人になると、単純に2倍大変、という訳ではないですよね。

子育てが4倍、5倍くらい一気に大変な感じがします・・・。

忙しい毎日、自分の事なんてあまり気にしている時間もなくなります。

お肌の手入れもそっちのけ、夜勤ありでお肌ボロボロな先輩ママナースを見てきたけれど・・・自分も今では同じようなママナースに、という方も多いかもしれません。

これから職場復帰をしようという育児ブランクあけのママナースも多いと思います。

産休・育休を取得して元の職場に復帰したものの・・・働きにくさを感じていたり常勤復職はまだ早かったかな?と悩まれていませんか?

ママナースとして、育児と家庭、仕事を両立して働くための復職・転職では大切にしたい働き方の条件をしっかりと考えておく事が必要です。

なんとなく復職して、なんとなく自宅から近い職場で求人があったから応募して入職、といった事では後から後悔してしまう可能性も。

実際、ママナースとして復職・転職をして、今の職場や仕事に満足しているナースは半数以下、という事も言われています。

今の職場は子育てと両立して働きにくい、もっと育児をしながら働きやすい職場を探したい

と考えているママナースがとても多いんです。

看護師の転職回数は、他の業界・職種と比較をしても多くても問題無い事が多いです。
(20代で4回、5回の転職回数はさすがに多いですが・・・)

1度も転職していないナースの方が少ないですからね。

ママナースとして、育児と家庭、看護師の仕事を両立して頑張りたい場合には職場の環境はとても大切です。

これから復職をお探しのママナースも、もっと子育てしながら働きやすい職場があれば転職したい、とお考えのママナースも。

両立して働きやすい職場の条件、自分自身やご家庭に合わせて働きやすい働き方を考えてみませんか?

ママナースが転職したい理由で多いもの

看護師転職の疑問
もっと良い職場があれば転職したい

と考える看護師はママナースに限りませんが、多いと思います。

もっと良い職場、といっても漠然としていますけれどママナースに限定して考えると、優先して探したい職場には共通点があります。

・子育てのために融通の利く働きやすい職場を探したい

・体力的に子育てしながら働きやすい職場を探したい

といった事です。

子供の年齢にもよりますが、どうしても小さい間は体調も崩しやすいですからね。急に休まざるを得ない事も増えますし、保育園や幼稚園へのお迎えもあります。

時間的・休みなどで融通が利くママナースが働きやすい職場を探したい、という方は最も多いかもしれませんね。

そうなると常勤としてよりも、やはりパート看護師として復帰した方が働きやすいですね。

短時間正職員制度などを積極的に取り入れて、常勤看護師として育児と両立して働きやすい病院なども増えてきましたが、それでも働きやすさの制限はあります。

どこまで子育てを優先するか、仕事を優先するかといった心のせめぎ合いもありますね。
葛藤することもあると思います。

本音ではもっと仕事も頑張りたい
でも、子育てしながらの働き方ならこれ以上は無理、という事で転職などに迷われているママナースも多いのではないでしょうか。

家族からの家事・育児へのサポートをどれだけ得られるか。

ママナースの働き方の大部分は、ここにかかっている気がします。

ママナースの復職・転職ではパート・アルバイトの復帰が多い

看護師
子育て中のママ看護師が復職・転職をする際、雇用形態では融通が利きやすいパート・アルバイトを選ぶ方がとても多いです。

特に小学生低学年まではパート・アルバイトでの勤務を選ぶママナースは多いのではないでしょうか。

子供は急に熱を出したり、ケガをする事も多いですよね。

保育園や幼稚園は一定以上の熱があると預かってくれません。
お迎えに行く必要があります。

お迎えをお願い出来る両親が近くに住んでいたり、夫に頼める場合には良いのですが・・・それが出来ないご家庭は多いですよね。

子供に関連することは必然的にママがメインで担当、という事になるご家庭がほとんどではと思います。

それは、急な早退や欠勤が増える事を意味しますからね。

やはり子供が小さい時期の育児、万が一の際の対応を考えると、

「常勤看護師としての勤務は自分にも家族にも負担が大きい」

と考えるママナースが多い事も納得です。

職場に理解があり、夜勤無し日勤専従などであれば働きやすさもありますが、それでも週に3日とか休みが必要な事が続くと、申し訳ないという気持ちが強くなりますよね。。

インフルエンザなど自宅待機の病気にかかる事も多いですから。

色々な事を考えて、多くの子育て中のママ看護師が選ぶ働き方が、パート・アルバイトとしての勤務、といえます。

もちろん、常勤看護師として働く環境があれば、ママナースとして両立しながら夜勤あり常勤ナースとしてお仕事を続ける方は多いですよ。

ママナースが働きやすい職場の条件

看護師
子供がいるママナースが働きやすい職場の条件ですが、詳しくは、

関連記事:ママ看護師が働きやすい条件

をご覧になってみていただきたいのですが、

・残業無しの職場
・院内託児所ありの職場
・日勤専従で働ける職場
・子育て中のママナースが多い職場
・看護師長・看護部長が育児経験者かどうか
・ママ看護師、育児に対する理解がある職場

と言った事などが挙げられます。

そして、自分以外にも子育て中の看護師(ママナース)が働いてるかどうか、が重要なポイントです。

在職年数についても注目したいですね。

ママナースが多く働いている病院、クリニックで離職率が低い場合には、子育て中のママナースが働きやすい職場である可能性は非常に高いです。

こうした情報に関しても、看護師紹介会社を利用して情報収集をする場合には代わりに情報を確認してもらう事が出来ます。

⇒ ママナース転職・復職に強い看護師紹介会社

看護師として子育てと両立して働きやすい職場選びのポイントとして、上記のような事にも注目して職場探しをしてみてください。

これから復職・転職をお考えのママナースにとって、働きやすい職場が見つかるようにぜひ情報収集をしてみてくださいね。