ママナース、仕事と両立
ママナース 転職 子育てしやすい病院で働く > ママナースの働き方 > ママナース 育児と子育て 両立のポイント

ママナース 育児と子育て 両立のポイント


ママナース 共働き 子育て 両立のポイント

ママナースの育児と子育て、両立のポイントって?

看護師に限りませんけれど、仕事と子育ての両立はやっぱり大変です。

正社員や常勤として働く時はもちろんですが、パート・アルバイトとして働く時も無理のない働き方が出来る求人を探して応募しないと、家庭に負担がいってしまいますよね。

いざ復職したものの・・・仕事が最初に考えていた以上に忙しく、看護師の仕事と家庭・子育てとの両立に悩んでしまって、というママナースは意外と多いのではと思います。

共働きとなるご家庭も多いですよね。

というか、共働きで家事も子育ても行っていくご家庭が殆どでしょう。

夫と家事・育児を上手く分担できてますよ!
という場合には良いのですが、どうしたって旦那さんが残業が多くて帰宅も遅い、土日もたまに出勤してるとなれば、ママの負担が大きくなります。

以前と変わらず常勤で仕事を続けるママ看護師がいる一方で、子育て優先のためにパートで働くママ看護師も多いです。

ママナースとして、仕事もしながら子育ても両立して頑張りたい、という方も多いと思います。

ママナースの育児と子育て、両立のポイントを改めてみていきましょう。

家族からの理解、サポート

やはり一番大切のは、家族(特に夫、サポートが期待出来るなら両親も)からの仕事を続けることへの理解です。

そして普段からの子育てへのサポート、家事の分担ですね。

ママ友の中には、旦那さんが仕事へあまり理解が無く辛い・・・といったケースもあります。

看護師の忙しさ、大変さを全然考えてくれず、家事・子育てもあまり手伝ってくれない、というケースです。

たまに子供と遊ぶ、くらいでは子育てに参加しているとは言えませんよね。
ゴミ出しくらいでも全然足りません。

出来れば、子供が小学校に入るくらいまでは家にいて欲しいらしいのですが、ならもっと稼いできなさいよ!といった感じらしいです。。

収入が厳しいから働きに出てるんだけど、と割とケンカになるらしく・・・。

こうしたケースによらず、思った以上に旦那さんが家事・子育てをサポートしてくれない、と悩むママナースは多いのではないでしょうか。

上手く家事と子育ての大変さを実感してもらえる機会を持てると良いんですけれどね。

どんなに大変かを実感すると、自発的に手伝ってくれるようになる事は多いようです(周囲の体験談)。

1日子育てをみっちり体験すると、これは働くより大変だわ!と分かる旦那さんは多いみたいです。

ママナースが子育てしながら働きやすい職場を選ぶ

ママナースが働きやすい病院
家族からの理解、サポートとともに重要なのが職場の「子育て中、ママナースへの理解」です。

どうしても独身ナースには子育ての大変さが理解できない部分はありますので、職場を選ぶ場合には、

ママナースが多い職場

を選ぶ事をオススメします。

子供の発熱、急病で突然、早退や休みが必要になる大変さは、同じ子育て中のママナース、もしくは育児経験ありの先輩ナースしか実際には分からないと言えます。

子供の保育園や幼稚園行事、小学校の行事などもだんだん増えてきますからね。
出来る限り出てあげたい、というママナースは多いと思います。

そうした園行事、学校行事も、シフト調整をし合えるのでママナースが多い職場は働きやすいところが多いといえますね。

自宅、保育園などからも近い職場を選ぶ

子育て中のママナースはとにかく時間が無い!ですよね。

もっと時間が欲しい!家事が終わらない・・・と悩むママナースも多いのではないでしょうか。

そんな子育ての毎日で、通勤時間に1時間とか無理ですよね。
30分でも遠いです。

出来れば10分以内、などの通勤時間の希望があるママナースも多いのではないでしょうか。

ちょっとでも時間を節約したい、のであれば自宅や保育園、幼稚園などから近い病院やクリニックなどを選ぶ事が大切です。

子供が熱を出したりすれば、すぐにお迎えにいって小児科を受診しなければなりませんからね。

自宅、保育園や幼稚園、そして小児科に近いと何かあったときに楽です。

マイカー通勤可だと、送迎も楽なのでオススメです。

看護師の人数が多い職場で働く

熱を出さない子供はいません。
ですから子育て中はどうしても早退、欠勤があります。

理解があっても、看護師が足りないので休めない・・・というケースは実際にありますからね。

結局のところ、看護師の人数が足りなければ早退も休みも取りにくくなりますので、

子育て中のママナースに理解があり、看護師の人数もそろっている職場

を選ぶ事が職場探しの際にはとても重要となります。

そのため、クリニックは子供が体力が付いて病気が減ってくる小学生ママには、とても働きやすい職場となることが多いですね。

保育園ママ、幼稚園ママの場合はクリニックはしっかり選ばないと、両立しにくい職場になってしまう可能性があります。

総合病院や検診センターなど、看護師の人数がある程度いるところが働きやすい、というのはよく言われますね。

クリニックでも子育てしやすい良い職場もありますから、事前に情報収集をしっかりする事が重要ですね。

職場の実際の詳しい情報収集に関しては、看護師紹介会社が得意とするところです。

⇒ ママナース転職・復職に強い看護師紹介会社

でご紹介しています。

ママナース 育児と子育て 両立のポイント、最後に

毎日忙しいママ業に仕事も加わるわけですから、上記のような両立のポイントを抑えることはもちろん、頑張り過ぎないことも大切です。

看護師という職業柄か分かりませんが、責任感の強いママさんも多く、つい頑張り過ぎてしまう方も多いようです。

たまには子供を旦那や両親、幼稚園の預かり保育などに預けて、ストレス発散したりも大切ですよ!

時々、楽をする事もオススメです。

忙しくて疲れてきたな・・・と思ったら、出前やお弁当を買ってきて楽をするのも時々はオススメです。

料理をするのも負担な時もありますからね。
後片付けが減りますから、家事もその分楽になります。

後は睡眠時間ですね。

仮眠も上手く使って疲れを溜めすぎないようにしたいですね。

関連記事として、

⇒ ママナースの働き方

も合わせてご覧になってみてくださいね。