子育てと両立

ママ看護師が働きやすい条件


ママ看護師、仕事と家事・育児を両立するために

そろそろ仕事に復帰しようかな・・・

でも、まだ子育ても忙しい。
子育て中、ママ看護師が少しでも働きやすい職場を探したいな。

常勤として復職を希望されているママさんナースも多いと思いますし、子供が小さい間はパートで無理なく両立しやすい働き方をしたい、と希望されているママさんナースも多いと思います。

看護師の仕事と育児、家事をこなしていくには、職場の環境、働きやすさも重要なポイントです。

どちらか一方で無理が生じてしまうと、家庭が回らなくなってしまったり、ストレスが溜まりすぎてどこかで爆発!してしまうかもしれません。

ママナース自身も働きやすく、子供や家族にも大きな負担にならない働き方でお仕事に復帰、仕事を続けていきたいですね。

そのためにママ看護師が働きやすい条件

ママ看護師が働きやすい職場とは、どんな職場でしょうか。

ママ看護師が働きやすい条件

これから両立しながら働くために復職先、転職先をお探しになるママ看護師も多いと思います。

職場の環境、雰囲気は仕事を続けていく上でとっても重要!です。

ママ看護師が働きやすい職場の条件としては、以下などに注目して求人探しをされる事をオススメいたします。

残業無しの職場

子育て中のママ看護師にとって、急な残業はとっても困るもの!
帰宅してからが忙しいのに・・・全て時間がずれてしまいます。

寝かしつけの時間は変えたくないですよね。

常勤で働く場合には特に残業が多い病院などもありますから、職場ごとに残業の状況を確認してから求人へ応募したいですね。

パート看護師としての勤務であっても、残業が多い職場もあります。
パートは基本、残業無しで働ける職場をしっかり選びたいですね。

残業無しの職場で働くことが出来れば、しっかり決まった時間に帰宅出来ます。

保育園、幼稚園のお迎えがあるママには残業無しで働ける事はとても重要ですね。

院内託児所ありの職場

院内託児所ありの病院
病院に多いですが、院内託児所ありだと働いている間、子供を預ける事が出来ます。
送迎の時間もロスしなくて良いので、楽ですよね。

同じ敷地内、施設内に院内託児所・保育所がある事が多いため、何かあってもすぐに様子を見に行きやすいというメリットもあります。

パートでも利用出来る院内託児所の場合もありますから、求人を調べる際に合わせて確認される事をオススメします。

日勤専従で働ける職場

看護師
子供が小さい間は、「夜勤無し」で働きたいと考えるママ看護師の方は多いですよね。

独身だった頃でさえ、夜勤は大変。
小さな子供がいて家事もある今はもっと大変!

夜勤ありなら働くのは無理!

というママさんは多いのではないでしょうか。

夜勤があると家族とすれ違う生活にもなりますし、生活リズムが狂い疲労、ストレスも溜まりやすくなりますからね。

日勤専従で働く事が出来れば、家族と生活リズムも合いますし疲労も溜まりにくく、規則正しい生活を送りやすいです。

両親やご主人のサポートが得られないママ看護師の方の場合、日勤常勤、日勤パートしか選択肢が無い!といった場合も多いかと思います。

子育て中のママナースが多い職場

子育ての大変さは、同じように育児経験者でなければ分かりません。

これ、本当にそう思います!

「夜泣きがひどくて大変で・・・」

と言っても、経験した事が無い人には、1時間、2時間と泣いて寝てくれないストレス、また夜泣き?という疲労感、抱っこしたまま寝落ちしそうになる辛さなどは分かってもらえないでしょう。。

家に戻ってからが大変!というママ看護師の方も多いでしょう。

ですから、子育て中のママナースは、同じように子供ありママナースが多く働く職場を選ぶと良いですよ。

子持ちママナースが多い職場は、子供の病気などで急に休みが必要になっても理解してくれやすいのも、働きやすいポイントとなります。

子供の具合が悪いなら早く帰ってみてあげて!
休んでも大丈夫だから!

とお互いサポートしあう雰囲気が出来ていますから、体調を崩しやすい、病気になりやすい小さなお子さんがいるママ看護師は働きやすいですよ。

看護師長・看護部長が育児経験者かどうか

看護師長・看護部長の存在、考え方は重要です。

特に職場においては看護師長の考え方は重要ですよね。

これから復職先、転職先をお探しになる場合には、出来れば看護師紹介会社の担当者を介して、師長などが育児経験者かどうかを聞いてみてもらってください。

師長に育児経験が無いと、家庭の事情や子供の病気などで休みが必要な場合も、申請しにくかったり、認められにくい事があります。

特に病気がちなお子さんがいる場合、休みも頻繁に必要になる可能性もありますよね。
その際にいちいち、嫌味を言われるのは大きなストレスです・・・。

病棟ごとに雰囲気が違いますから、勤務する事になるであろう病棟の師長、ということで確認してもらう事もお忘れ無く。

ママ看護師、育児に対する理解がある職場

子育てに理解のある職場
子育て中のママナースが多い、看護師長、看護部長が育児経験者、といった事も含めて、

職場が育児に対して理解がある事

がとても重要です。

職場全体で未婚者、独身者が多いと理解のある人が少数で、結局のところ小さな子供がいるママナースが働きにくい・・・といったケースはありますからね。

職場の雰囲気として、子育て中のママナースに理解があるかどうか。

子供の病気、体調不良による休みが取りやすいかどうか。

保育園や幼稚園からの急な呼び出し、お迎え要請でも早退しやすいかどうか、などは看護師紹介会社などを介してしっかりと事前に確認しておかれる事をオススメします。

子供が理由での急な休み、早退は仕方の無いこと。
でも、やっぱり同僚には負担がかかりますね。

その分、普段からしっかり仕事に取り組むことで、より理解されやすい事を目指すという気持ちも大切と思います。

ママ看護師が働きやすい条件を備えた病院、クリニックなど求人を探すには

実際に、ママ看護師が働きやすい条件を備えた病院、クリニックなど求人を探すには次にご紹介するような看護師紹介会社を利用される方法がオススメです。

自分で情報収集するよりも、職場の実際の雰囲気や看護師長、看護部長の情報を教えてもらう事が出来ます。

求人先の病院、クリニックについて知りたい事も聞いてもらうことが出来ます。

パート看護師として、育児に理解のある職場探しをしたい場合

子供が小さい間、パート看護師として週に2,3日、午前のみ、夜勤無し日勤パートで働きたい場合には、

医療ワーカー

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

といったような非常勤(パート・アルバイト)看護師求人に強い看護師紹介会社の活用がオススメです。

特に医療ワーカーはパート看護師求人にも強く、全国対応ですから便利ですね。

常勤看護師として、育児に理解のある職場探しをしたい場合

常勤看護師として、復職先・転職先をお探しになる場合には次のような看護師紹介会社がオススメです。

日勤専従の看護師求人、日祝はしっかり休める職場、院内託児所あり、など希望条件で探してもらってみてください。

マイナビ看護師

看護のお仕事

ナース人材バンク

ママナース、育児と両立して働くためのポイント

子育て、家庭との両立は、いざ復帰して働き始めてみると想像以上に大変な時もあります。

職場の環境も大切ですが、家族の理解、サポートも重要ですよね。

家族みんなに負担が少ない、お子さんの成長に合わせての職場探しがママ看護師にはオススメです。

無理せず自分のペースで働く事が出来る職場。

育児に理解のある職場、ママ看護師が働きやすい条件を備えた職場をお探しになってみてください。