ママナース 働きやすい病院への転職

子育て中 ママ看護師の転職


ママナース 転職

子育て中 ママ看護師の転職

子育てしながら看護師として働くのはとても大変です、よね。

看護師の仕事は激務(な職場が多いですよね)ですし、家に帰ってからも家事・育児があって休む間もありません。

我が家には3人の子供がおりますが、毎日クタクタです・・・最近はそれぞれ成長してきたので、子育ての悩みも変わってきていますが、怒り疲れが多いですね。

小学生ともなると、妙に知恵もついてきて「」をつくことも増えてきます。
愚図ってただ泣いていた時の方が楽だったかも・・・なんて思ってしまいます。

子育ての悩みは、お子さんの年齢によって様々。

これから復職先をお探しになるママナースや、もっと働きやすい病院などへ転職したいと考えるママナースも多いと思います。

子育て中のママ看護師が働きやすい病院、施設などを見つけるためのポイント、ママ看護師向け求人が多く見つかる看護師紹介会社について、ご紹介をしています。

ママさんナースの働き方

看護師として、仕事と家庭・子育ての両立に悩んだら、転職を考えてみても良いと思います。

上司に相談して改善出来そうであれば、相談が優先ではありますが、

「職場を変えたい」

という気持ちが少しでもあるのしたら、転職が最善という場合は多いです。

幸い、ママさんナースを歓迎する職場はたくさんあります。

新しい気持ちで、ママナースに理解があって環境が整っている職場で働き始めた方が良いケースは多いと思います。

転職先を探す際に、子育て中のママナースが働きやすい職場の条件、働き方については、

ママ看護師が働きやすい条件

に情報をまとめていますので、合わせてご覧になってみていただければと思います。

・子育て中のママナースが多い職場
・看護師長・看護部長が育児経験者かどうか

といった部分は、実際、重視していただきたい部分ですね。

ただ、自分でこうした職場の詳しい情報、内部情報に関しては知るのは難しいですよね。

「そちらの病棟の師長さん、お子さんはいますか?」

なんて質問は出来ませんよね。。

ですから、ママナースの転職先探しには看護師紹介会社の活用が便利と言えます。

ママナースが働きやすい職場の条件を満たす職場の求人紹介を依頼出来ますし、確認して欲しい情報として、自分では聞きにくい事もコンサルタントを介してお願いする事が出来ます。

場合によっては確認が難しい事もあるとは思いますが、自分で情報収集するよりも多くの情報を確認してもらえるでしょう。

離職中の看護師さんであっても毎日、子育てに忙しいと思います。

現職で両立してお仕事されているママナースはもっと忙しいと思います。

そうした忙しい毎日であっても、希望条件を伝えておく事で代わりに条件に合ったママナースが働きやすい病院はクリニック、介護施設などを看護師紹介会社のコンサルタントが探してくれますからね。

転職先探しに関して、時間的に大きなメリットがあるといえるのではないでしょうか。

ママナース 転職成功、働きやすい職場を見つけるために

今は子育てしながら働くのは当たり前、といった事になってきています。

ママナースの転職も多いですよ。

多くの病院では、子育てと両立して働きやすい環境を整える事に力を入れています。

なぜなら、そうした「子育て中のママナースが働きやすい環境が無いと、看護師を確保出来ない」状況になりつつあるからです。

ママナースが働きやすく、離職率の低い病院、定着率の高い病院、というのはやはり人気が高くなる傾向があります。

看護師不足で病棟を閉鎖した病院もある一方で、看護師が充足していて手厚いケアが出来ている病院もあります。

人数が多いと、子育て中のママナースには必ずある「子供の発熱、病気による早退、欠勤」にも対応しやすいですよね。

子供は必ず熱を出しますし、病気になります。
時には、感染症になって自宅待機が必要な事もありますし、入院する事だってありますね。

そうした時、ママが中心に看病をするご家庭が多いでしょうし、やはり自分が付き添いたいと考えるママが多いのではないでしょうか。

人数が揃っている病院、特に同じように子育て中のママナースが多い病院だと、こうした時にもサポートし合いやすいです。

ママナースの転職先には、同じように子育て中のママナースが多い職場を選ぶ事が重要といえます。

子育て中だからこそ、転職の際の希望条件はあまり妥協をせずに探してみてくださいね。

その条件で見つからないようであれば、少しずつ看護師紹介会社のコンサルタントと相談しながら、条件を緩めていくと良いでしょう。

今のご家庭、子育ての状況に合った働き方が出来る病院などはきっとあります。

⇒ ママナース転職・復職に強い看護師紹介会社

などを活用されての情報収集をオススメいたします。