看護師

献血ルームの看護師バイト


献血ルーム 看護師

赤十字血液センター、献血ルームの看護師バイト・パート

献血ルームで働く事に興味をお持ちのママナースの方も多いと思います。

夜勤無し、残業無しで働きやすそうなイメージがありますし、育児と両立して働くママナースも多いと言われます。

採血も得意だし夜勤無しで働けるなら、子供が小さい間だけでも良いかもと言う事で、お住まいのエリアにある献血ルームの看護師バイト求人をお探しになっている看護師さんもいらっしゃるかもしれません。

献血ルームは実際、子育て中ママナースが多く働く職場です。

子育て中ママナースが働きやすい職場、労働環境として、

・夜勤無し、日勤のみ勤務
・残業無し、少なめ
・休日がしっかり取れる
・重篤患者がいない、急変の恐れが少なく精神的に楽
・職場の人間関係が良い

といった事が挙げられますが、赤十字血液センター、献血ルームでの仕事はいずれも満たしやすいといって良いでしょう。

子育て中ママナースも多く働きますし、先輩ナース、上司も子育てに理解がある場合が多いため、両立して働きやすい職場といえます。

職場としても、子育て支援、サポートにも力をいれているそうです。

献血ルーム、献血センターで働く場合、日本赤十字社の社員として働くと言う事になりますから、安定性も非常に高いですよね。

各種手当て、福利厚生も充実、非常勤雇用でも賞与有り、と手厚い待遇といって良いと思います。

常勤求人もありますが、バイト求人募集も多い事から、子供が小さい間は働きやすさを重視したい、といった場合にもアルバイトとして応募しやすいですね。

赤十字血液センター、献血ルームの常勤、バイト求人と不定期に掲載されます。

献血ルームの看護師バイト・パート求人を見つけるには

看護師
得意の採血スキルを活かして働ける職場、夜勤無し・日勤のみ、残業少なめ

献血ルームでのバイト・パートを希望される場合には、日本赤十字社の各地域の採用ページで募集が掲載されますし、看護師紹介会社や求人サイトでも募集が行われる事があります。

色々な職場、看護師バイト求人を探して、時給や仕事内容、働き方について比較・検討してみたい、といったママ看護師の方にとっては、看護師紹介会社を利用する方法がオススメです。

看護師紹介会社を利用して求人探しをする場合、

希望条件に合った、類似した職場・仕事をいくつか提案

してくれますからね。

どれが今の私、家族にとって働きやすい仕事かな?と考えやすいと思います。

医療ワーカー

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】

といった看護師紹介会社は看護師バイト・パート求人の情報量も豊富ですから、お住まいのエリアで献血、採血に関連して職場の求人情報も見つけやすいですからオススメです。

採血バイトということで、病院の採血室、健診センター、巡回健診バイトなども含めて求人情報を集めてみる事もオススメしたいと思います。

巡回健診の仕事も、繁忙期には様々な働き方で募集が見つかりますね。

午前のみ、午後のみ、週3日、土日休みな割と融通が利きやすい職場も多く、無理ないペースで両立して働きたいママナースには向いているかもしれません。

メディカル・コンシェルジュ【MCナースネット】であれば、看護師単発バイトにも強みがありますから、都合の良い日に単発・スポットでアルバイトをしながら、バイト先を探す、といったことも出来ます。

献血ルーム(献血センター)で働く

献血ルームで働く、といっても勤務先は献血ルームに限りません。

採用された後、勤務先は大きく2つの可能性があります。

・献血ルーム

希望されている看護師さんも多いと思いますが、献血ルームです。

駅近、交通の便が良い立地の施設に入っている事が多いですから、通勤も楽と言えます。

ショッピングセンターにも入っている事がありますから、帰りに夕飯の食材を買って帰りやすいなど、そうしたメリットも言えるかも知れません。

基本的には残業無し、帰宅時間が一定というママナースには働きやすい職場環境です。

・献血バス

採血会場に出張、巡回を行って採血を行います。
人手が多いイベント会場へ出向く事も多いですよね。

献血バスでのお仕事となった場合には、移動時間も必要なため遠方での採血業務の日は、帰宅時間が遅くなる事も。

会場設営などの仕事もありますから、出来れば献血ルームでのバイト・パートを、と希望される看護師さんは多いかもしれませんね。

献血ルームで働く看護師のメリット・デメリット

献血ルームで働く看護師のメリット・デメリットについてもみていきましょう。

メリット

夜勤無し、日勤のみ勤務

ママナースから人気の高い職場の条件、「夜勤無し、日勤のみ」で働く事が出来ます。

夜勤ありの働き方は、生活も不規則で体力的にも大変ですし家族にも負担がかかるもの。

子供が小さい間は夜勤無しで働きたい、という事であれば献血ルームの仕事はピッタリといえそうです。

残業無し、少なめ

献血ルームには急患は運ばれてこないでしょう。
患者さんの急変と言った事も基本的にありません。
(採血中に気分が悪くなる、といったことは比較的ありますので、様子を常に把握する事が重要とはなります)

献血バスの場合には、残業有りの可能性も。

職場の人間関係が良い

子育て中ママナースも勤務している献血ルームは多く、お互いの大変さが分かっているため、人間関係の良い職場が多いと言って良いでしょう。

働きやすい職場は共通して人間関係が良い場合が多いです。

デメリット

ルーチン業務で飽きる可能性

献血ルームでのお仕事は、基本的に毎日同じです。
仕事を単調に感じてしまって、飽きる可能性もあります。

そうしたルーチン業務が全く苦では無いナース、辛いと感じるナース、不思議と分かれるものです。

どうしてもやっぱり献血ルームの仕事が合わない、となった場合にはバイト先が見つけやすい看護職ですから、無理せずに求人を探した方が良いかもしれません。

医療ワーカー

などで希望条件で探す事が出来ます。

接遇が重視される

献血は、リピーターも大切。

献血してくれる人は、限られていますので気持ちよく献血してもらって、また来てもらえるようにする事も看護師の重要な役割とされます。

病院勤務時代とは接し方がかなり違いますから、早く慣れる事、意識を切り替える事が大切と言われますね。

これがちょっと大変、と感じる看護師さんもいます。

普通の採血よりも難しい

献血ルームでの使用する注射針は、病院で使うものよりも太めです。

最初は大変、という看護師さんは多いですそこはスキルのある方も多く、慣れれば大丈夫になっていくそうです。

・スキルアップ出来ない

毎日メインは採血ですから、採血スキルは抜群に向上していきます。

しかし、それ以外のスキルは使う機会も少ないですし、病棟で必要なスキルなどはむしろ忘れていく事も。

将来的に病棟に戻りたい、とお考えの看護師さんは数年で期限を区切って働く方が多いです。

赤十字血液センター、献血ルームの求人を探すには

ここまで献血ルームでのお仕事について、色々と情報をまとめてきましたが、実際にお住まいのエリアで求人探しをされる場合には、

献血ルームの看護師バイト・パート求人を見つけるには

でご紹介したような看護師紹介会社の活用がオススメです。

希望条件に合った仕事を複数提案してもらえますから、より働きやすい、両立して働きやすい職場をお探しになってみてください。