病棟の夜勤
ママナース 転職 子育てしやすい病院で働く > ママナース常勤の働き方 > ママナース 子供が何歳頃から夜勤に入る?

ママナース 夜勤


子育てママナースが夜勤ありで両立して働くために

夜勤あり常勤ナースとして復職するママナースも多いと思います。
あえて、夜勤専従看護師として復帰するママナースも中にはいますね。

子育てと看護師の仕事の両立の仕方はいつも悩みどころです。

これが正解、というのは無いと思いますし看護師さん一人ひとりの環境によっても、求められる働き方が変わってきます。

本当はキャリアも追求したかったけれど、親も遠方で頼れないし・・・子育てをしながらキャリアを求めるのは無理と悟った、という方も多いのではないでしょうか。

ママナースが日勤で働く以上に、夫や両親(双方の)の協力が得られる事が必要ですし、自分自身の体力や気力も大切ですね。

子育てと両立して働く、という事を考えた場合に「夜勤あり常勤」で働く事を選択される場合、

・看護師としてのこれからのキャリア
・夜勤は高収入、経済的な問題
・産休育休を取得して元の病院に復職、早い時期に夜勤にも入って欲しいと頼まれた

といった事情などがあるのでは、と思います。

いずれにしてもママナースが夜勤ありで働くには本人の覚悟も含め周囲のサポート、環境も大切ですよね。

でなければ、看護師の仕事と子育て・家庭との両立、特に夜勤ありの働き方はやっぱり難しいのかなと思います。

子育てママナース 子供が何歳頃から夜勤に復帰する?

ママナースが夜勤勤務にも復帰する時期ですが、それこそ家族からのサポート、勤務先の環境や看護師の人数、院内託児所の事情にもよるところが大きいですね。

夜勤への復帰が早いママナースだと、院内託児所で夜間の保育が可能となる直後、それこそ産後3ヶ月くらいから勤務というケースもあります。

院内託児所などがある病院の状況を調べてみたところ、

院内託児所・保育所の受け入れ年齢として、0歳児~は思った以上に多く見つかります。

産休明け~託児可といった院内託児所もあります。
このあたりは保育事業を委託されている企業などにもよりますね。

病児保育対応だと、もし夜勤ありで働くにしても働きやすいですよね。

新たに勤務先をお探しになるのであれば、病児保育対応かどうかも注目してお探しになると良いかもしれません。

数は少ないですが、そうした職場もあります。

周囲のママナースでいうと、子供が1歳~と3歳頃から夜勤ありで働く人が多いですね。

答えの無いママナースの働き方、自分にも家族にも負担の少ない無い働き方を

子育てママナースの働き方に正解はありません

子供が小さい間は夜勤は無理、と思ったとしても出産後すぐに夜勤ありで働くママナースもいます。

病院によっては子供が3歳になるまでは夜勤免除、その後も時短勤務制度あり、といったようにママナースが働きやすいように体制作りに非常に力を入れている病院も増えてきています。

そして現実的な問題として、ご家庭の経済的な問題もありますよね。
どうしても夜勤ありで働かないと赤字になってしまって、家計が回らない、など。

シングルマザーの場合にも、夜勤ありで働き方を選択されるケースは多いようです。

自分が大黒柱となって収入を稼がなければなりませんし、子供が寝ている夜間に働けるのはかえって都合が良い、ということで身を削ってといっても良いような働き方をされているママナースもいると言って良いでしょう。

ママナースの働き方には、いろいろな形があります。

人手不足もあり、早々に夜勤にも入って欲しい、と勤務先の病院で頼まれるママナースも多いのではないでしょうか。

いずれにしても、夜勤ありの働き方をする事で自分にも家族にも負担が掛かりすぎる働き方は、避けたいとお考えの方が多いと思います。

実際に働いてみて難しい・・・家庭がどんどん回らなくなってきている、と感じたら上司に相談をする事をオススメいたします。

育児に理解のある職場はたくさんあると思います。

難しそうであれば、職場を変える、働き方を日勤専従、パートに変えてみるといった選択肢もあります。

キャリアを追求したい看護師さんには辛い選択になる事もあるかも知れませんね。

ただ、やはり子育てが今は優先、ということで数年は日勤パートで働いたりといった方は多いです。

ママナースの働き方は色々。
自分の今の環境の中で一番良い働き方を考える事が大切と言えそうです。

関連記事も合わせてご覧になってみてください。

院内託児所・保育所あり ママナース向け看護師求人

夜勤無し 日勤常勤看護師求人