ママナース夜勤で働く

ママ看護師 夜勤あり常勤で働くには


子育て ママ看護師 夜勤

ママ看護師 夜勤あり常勤で働くには

ママ看護師としてお仕事されている方の中には、夜勤あり常勤で勤務されているママさんもたくさんいますよね。

皆さん、周りの協力を得ながら、利用出来るもの(病児保育、ベビーシッターなど)を利用しながら夜勤をこなしたりされていると思います。

夜勤免除で働ける病院も多いと思いますが、生後1年など条件が決まっている事も多いでしょう。

これから看護師としてまた働きたい、という事で子育て中のママ看護師が復帰するのに働きやすい病院を探している方もいらっしゃると思います。

ご家庭の経済的な状況や、子育てもあるけれど看護師として自分のキャリア、今までの経験も捨てたくないといった事から家族の協力を得て「夜勤あり常勤看護師」として働く事をお考えの方も多いのではないでしょうか。

今は常勤のママナースが働きやすいように、夜勤シフトもある程度融通が利きやすいように配慮してくれる病院も増えてきています。

厳しい状況ながら、ママナースが働きやすいように制度や環境整備に力を入れる病院は増えているように感じますね。
新たに夜間対応の院内託児所を開く、といった職場もあるでしょう。

子供がいるママナースにとって、夜勤はやはり負担も増えますし家族にとっても大変です。

それであっても色々な事を考えて、子育てしながら夜勤あり常勤看護師として復帰、転職をお考えになる場合、看護師さんそれぞれに希望条件もまたあると思います。

夜勤少なめ、夜勤シフトの相談がしやすい、院内託児所・保育所完備、病児保育・病児後保育対応など。

そうした希望条件で職場をお探しになるには、

ママナース転職・復職に強い看護師紹介会社

でご紹介をしていますが、

医療ワーカー

マイナビ看護師

看護のお仕事

などの看護師紹介会社の活用が便利です。

常勤ママナースとして仕事を続けるには家族の協力が重要

常勤、ママナースとして仕事を続けるには家族の協力が重要です。

夜勤の場合、やはり万が一、といった際にはママがいなくても対処してもらえるようなサポートがないと働くのが難しいのでは、と思います。

日勤常勤も同様ですが、それ以上に家族からの協力が重要となるのが、

夜勤あり常勤看護師

としての働き方ですよね。

子供が成長してきて病気も減ってくると、夜勤ありでも働きやすくなってはきます。

小学校に入学する頃にもなれば、だいぶ身体も強くなって風邪も引かなくなってきた、といったお子さんも増えるのではないでしょうか。
(我が家は上の子が2人、小学生になってから風邪も滅多に引かなくなりました。末っ子はまだ病気が多いですね)

しかし、子供がまだ0歳、1歳、2歳といった年齢の時。

もう少し成長して保育園、幼稚園といった頃もまだまだ急に子供は熱を出したり、体調を崩して病院に行ったりしなければならない事が多いですよね。

夜間病院にも度々慌てて受診しに行ったものです。

深夜に39度、嘔吐、発疹・・・となれば慌てます。。

働いていればもしかすると、自分がいない(夜勤)の時に起きるかも知れません。

普段から子育てに積極的に関わっている旦那さんの場合、的確に対処して病院に連れて行く事も大丈夫です。
(うちはかなり頼ってますし、私よりもかえって冷静かもしれません)

看護師として仕事を続けるためには、そうした場合に備えておくことは必須といえますね。

そのため、夜勤あり(夜勤専従も含め)で働くママナースの多くは、夫の協力があったり、自分か夫の両親からのサポートを得られる環境がある事が多いようです。

(シングルで院内託児所・保育所をフル活用、病児保育・病児後保育対応の病院を選んで働くママナースもいらっしゃいますね)

人数が少ないので、急に帰るとかは難しいですよね。

常勤、特に夜勤ありで常勤ママナースとして働く事を選択する場合には、家族の協力はとても重要といえます。

ママ看護師の働き方、子供の成長に合わせて働き方を変える

子育てしながら働きやすい病院や職場はたくさんあります。

そのため、お子さんの成長に合わせて働き方を変えるママナースも。

子供が生まれた後、パートで無理なく両立して働き、大きくなってきたら常勤看護師として勤務、もしくは転職。

受検が始まって忙しくなってきたり、子供のサポートを優先したい時期は外来に異動させてもらってで夜勤無しで働いたり、日勤常勤で転職したりといったママさんはたくさんいます。

こうした転職を挟んだとしても、看護部長などにステップアップしていくママナースも多いですからね。

実際、ママナース向け求人にも強く、親身になって転職先探しをサポートしてくれる看護師紹介会社のコンサルタントも多いです。

ママナース向け求人が多く見つかる看護師紹介会社は、

⇒ ママナース転職・復職に強い看護師紹介会社

でご紹介をしています。

今までお会いしたことある看護師紹介会社のコンサルタントは皆さん、本当に熱心に看護師の立場に立っての交渉に力を入れている方ばかりでした。

良い職場が見つかるまでずっと電話します、というのはもう当たり前みたいな感じです。

子育て期間も人生の糧として、プラスの経験、今後の看護に生かしていける方は深みが出て良いのかもしれません。

全ては自分自身の考え方次第なのかな、という気もします。

年齢に見合った転職回数であれば、特に問題視されることも少ないのが看護師です。

そうした事もあって、お子さんの成長と共に働き方を変えるママナースも多いといえるのでしょう。