ママナースの働き方
ママナース 転職 子育てしやすい病院で働く > ママナース常勤の働き方 > 夜勤少なめ、夜勤免除で働ける病院の看護師求人

夜勤免除 看護師求人


ママナースが働きやすい、夜勤免除の看護師求人

ママナースが働きやすい職場の条件として、子育てに理解がある事は前提ですが「夜勤無し」の働き方も重視される方も多いと思います。

お子さんが小さい子育て中のママ看護師の夜勤免除を制度として取り入れている病院も増えつつあります。

2人目、3人目を考えるためにも、あらかじめ子育てしやすい病院に転職しておきたいという方もいらっしゃるかもしれませんね。

そして残業が少ない事もポイントです。

働く親として、ママとして一番困るのが突然の残業ですよね。

10分、15分程度の残業であればまだ良いのですが、1時間以上など、長時間の残業が常態化している病院などで働くのは絶対に次の職場では避けたい!というママナースの方も多いでしょう。

そうしたママナースが働きやすい職場の条件を備えた病院を中心としての看護師求人、情報収集に便利な看護師紹介会社についてもご紹介をしています。

夜勤免除期間、どれくらいの長さが多い?

夜勤免除を申請できるのは妊娠された看護師さん、産後のママさん看護師となりますが、どれくらいの期間、夜勤免除となる病院が多いのでしょうか。

複数の看護師求人サイトで掲載されている求人を調べてみたところ、夜勤免除の期間として多いのは「産後1年間」です。

子育て中のママナースが働きやすい環境作り、と言う事で複数の制度をセットで取り入れている病院も多いですね。

・育児休業
・妊娠中の夜勤免除
・産後1年間の夜勤免除
・育児短時間勤務
・超過勤務免除
・保育園費補助制度

こうした病院の多くは、院内託児所・保育所完備です。

小さなお子さんがいても看護師として、両立して働きやすいように制度改革を病院も少なくないのではと思います。

ちなみに有給休暇取得率に関しても90%以上、中には100%近い病院もありましたよ。

急性期病棟などでもそうした事例が出てきていますから、復職・転職時に子育てしやすい病院をしっかりと選ぶ事で、家庭や子育てと看護師の仕事を両立しながらママナースとして充実した毎日を過ごせるのではないでしょうか。

求人情報にこうした「夜勤免除」「超過勤務免除」などが明記されている病院もありますし、内定前の交渉次第で夜勤免除にしてもらえる事もあります。

夜勤少なめ、夜勤免除で働ける病院の看護師求人を見つけるには

看護師
夜勤免除制度あり、交渉前に夜勤免除に出来る病院など、子育て中のママ看護師が働きやすい職場を見つける方法としては、オススメするのは看護師紹介会社の活用です。

お子さんがいるのですから、毎日忙しいですよね。

家にいる方がかえって忙しくて大変!というママさんも多いのではないでしょうか。

子供ってとにかくがむしゃらにスマホやタブレット、PCなど触ってきますからね(汗

お昼寝の時間がしっかり取れるお子さんなら良いですが、置こうとしたらすぐに起きてしまって常に抱っこ、なおお子さんもいるでしょう。

ママナースの復職先探し、転職先探しには求人探しから面接の日程調整、条件交渉など代わりに様々な事を行ってくれる看護師紹介会社の活用がオススメです。

ママナース向けの求人として、夜勤免除あり、残業少な目、院内託児所・保育所完備といった条件でも探してもらう事が出来ますよ。

こうしたママナースが働きやすい病院などからの求人を多く掲載している看護師紹介会社として、

看護のお仕事

医療ワーカー

マイナビ看護師

などをオススメしています。

お仕事探しをされているママさんナース、ブランク期間が少々長い方もいらっしゃるかもしれませんね。(少々では無く、10年など長い方も)

そうした場合にも、希望条件や看護師さんの状況に合わせて職場探しをサポートしてくれる看護師紹介会社はとても便利です。

前職の経験を活かせる復職先も含めて、看護師求人を探してくれます。

子育て中のママナースにとって、職場の環境はとっても大切と言えます。

人間関係が良く、子育て支援制度があり、働きやすい職場。

希望条件が幾つもある場合には全て満たせる職場は少ないと思いますが、少しでも働きやすい職場へ復職、転職を実現するために便利な求人紹介サービスとなります。

ママナースの職場探しとして上記のような、地域の病院・施設の看護師求人を多く持つ、看護師紹介会社の活用をオススメしています。

ママナースと夜勤

収入、これからの自分の看護師としてのキャリア。

色々考えるとやっぱり「夜勤あり」で働いた方が良いのかな・・・?

と迷いもあるママナースも多いのではと思います。

ご家庭の状況にも依りますよね。
両親が近くに住んでいてサポートが得られる場合には、夜勤もしやすいので夜勤あり常勤で働くママナースは多いですし、サポートが無い(得られない)場合には、常勤を諦めてパートで短時間、派遣で土日休みといった働き方を希望される看護師さんも少なくありません。

もちろん日勤のみ勤務です。

いつから夜勤に復帰するかも悩みどころかもしれませんね。

夜勤ありの働き方を選ぶ場合、気をつけたいのはやはり子供の病気です。

夜勤の急なキャンセル、欠勤ほど現場が困る事は無いですから、ご主人やご両親のサポートが得られない場合には、事前に上司としっかり話し合って対応をお願いしておくなどは必須と言えます。

病児保育対応の院内託児所・保育所あり病院を選んでおく事も重要かもしれません。

夜勤時の急な休みも含めて、夜勤ありでもし働く場合にはママナースとして色々と考えておく必要がありますね。

もし夜勤ありで働く場合にも、看護師紹介会社を利用して子育て中のママナースが働きやすい職場を中心に情報収集してもらう事が出来ます。

⇒ ママナース転職・復職に強い看護師紹介会社