ママナース 子育てと両立して働く
ママナース 転職 子育てしやすい病院で働く > ママナース常勤の働き方 > 子育て中ママ看護師 日勤常勤で働くメリット

子育て中ママ看護師 日勤常勤で働くメリット


看護師 子育て 常勤の働き方

子育て中ママ看護師 日勤常勤で働くメリット

子育て中のママ看護師として、育児と看護師の仕事を両立させていくのは分かっていても大変、辛くてもう辞めたい・・・と思う事もあるかもしれません。

看護師の退職・転職理由で挙がる事の一つに、夜勤の大変さがありますよね。

独身時代の夜勤であっても体力的にも精神的にも大変だったのに、まして子育てをしながらの夜勤・・・ともなればママナース自身も大変ですけれど、家族にも大きな負担があります。

人数の関係上、産休・育休からあけて復職した今の病棟では、夜勤免除は難しいから頑張っているけれど、これは想像以上に大変・・・!

子育てと看護師の仕事、両立していくために出産後、働き方を見直すママナースは多いですよね。

両立の限界が来る前に働き方を見直すママナースも多いです。

子育て中のママナースが選ぶ働き方で多いものには、時間の融通が利きやすいパート・アルバイトもありますが、家計の事を考えると出来れば常勤で働きたい・・・という看護師さんもいらっしゃるでしょう。

そうした看護師さんから注目され、人気を集めている働き方が日勤常勤看護師の働き方です。

常勤看護師として働きながらも夜勤無し、日勤のみ勤務という働き方が出来ますので、子育て中の大きな負担である夜勤無しで両立しやすい働き方が可能です。

日勤常勤で働くメリット、そして実際に日勤常勤看護師求人を見つけるためにどういった看護師求人サイトを利用したら便利かをご紹介したいと思います。

日勤常勤看護師求人も含め、先にママナース向け求人が多い看護師求人サイトをご覧になりたい場合には、

⇒ ママナース転職・復職に強い看護師紹介会社

をご覧いただければと思います。

希少な日勤常勤看護師の求人募集となりますので、情報収集が大切となりますね。

子育て中ママ看護師 日勤常勤で働くメリット

ママナースが働きやすい病院
日勤常勤看護師の働き方は、残業時間こそ勤務する病院、職場に長かったり残業無しで帰宅出来たりと差がありますが、安定した働き方が出来るママナース向けの働き方です。

看護師の仕事と家庭との両立をしたい、プライベートな時間をしっかり確保したい看護師さんにも向いていますよね。

ここでは先に子育て中ママ看護師が日勤常勤で働くメリットについてみていきたいと思います。

夜勤無しなので、家事・子育てと看護師の仕事を両立しやすい

看護師の働き方で大きな負担となるのが「夜勤」ですが、医療職としてはどうしても必要な働き方です。

そのため多くの職場では夜勤手当が付き、看護師の高額給与の源になっていますよね。

「子供が成長して手が離れてきたら、夜勤ありの働き方でも良いけれど・・・今は育児も忙しいし、夜勤無しで働きたい」

と思っているママナースは多いのではないでしょうか。

例えば、8:30~17:30で日勤常勤のみ勤務が出来れば、保育園に子供をお迎えに行って、食事の用意、お風呂、寝かしつけた後に片付け、明日の準備、など十分にこなせそう、というママさんは多いと思います。

給与的には夜勤無しの分下がりますが、それ以上に働きやすさはありますよね。

子育て中のママナースにとっては、日勤常勤で働く事は両立しやすい大きなメリットになるといえそうです。

夜勤無しの働き方は、体力的に楽

看護師の夜勤・交代制勤務に関するガイドライン」が日本看護協会から出されているほどに、負担の大きな看護師の夜勤勤務。

勤務状況が改善されてきている病院も少なからずあるのではないでしょうか。

サーカディアンリズムについて耳にする事も多いのではと思います。

夜勤勤務が原因で体に変調を来す看護師さんも多いと言いますからね。
夜勤は女性が多い看護師という職業の大きな悩みの一つではとないでしょうか。

しかし入院患者さんがいて、救急対応が必要な医療機関では夜勤を無くすのは無理ですから、誰かがやっぱり夜勤をしなければ、という意識をはお持ちの方は多いと思います。

しかし、子育て中はやはり夜勤は特に負担がかかる働き方です。

ママ自身の体力的にも、ただでさえ子育ては大変です。

夜勤無しで働く事が出来る分、睡眠時間もそれなりに確保しやすくなりますから(夜泣きがあると、睡眠不足で夜勤よりも寝れない日もあるかもしれませんが・・・)、体力的には楽なはずです。

安定した給与、福利厚生も日勤常勤看護師の大きな魅力

計算する看護師
日勤常勤では、夜勤無しですが常勤雇用ですから福利厚生、手当としっかり支給されます。

残業手当、通勤手当、家族手当、育児手当、役職手当、資格手当、住居手当など勤務先となる病院によって様々な手当が支給されていると思います。

パート・アルバイトだとこうした手当はありませんが、常勤ならしっかり支給されます。

手当が多いと、実質的な手取りも増えますから家計も安定しますよね。

もちろん正社員ですから賞与(ボーナス)支給もあります。

産後の働き方として、常勤看護師にこだわりたいママナースの多くは、キャリア的にもあるとは思いますが、安定した収入も得たくて、という方も多いのではないでしょうか。

安定した給与、福利厚生も日勤常勤看護師の大きな魅力となります。

院内託児所・保育所の利用について

院内託児所・保育所を利用して働く
子育て中のママナース、保育園ではなくて院内託児所・保育所を利用して両立しながら働きたい、という方もいるでしょう。

保育園を希望しても待機児童が多すぎて、必ずしも入園できるとは限りません。

保活をせず、最初から院内託児所・保育所を利用して託児しよう、とお考えのママナースも多いかもしれませんね。

院内託児所・保育所によっては、職員の子供の受け入れに優先順位を決めている場合もあります。

医師のお子さんが最優先で、次に常勤の看護師や薬剤師のお子さん、といったような場合、常勤看護師は割と優先して託児が可能な職場は多いです。

パートの場合だと、当てにしていた院内託児所・保育所が利用出来なくて・・・といったケースもあるようですが、常勤の場合にはほとんど無いのではないでしょうか。

院内託児所・保育所を利用して働きたいと考えているママナースにとっては、院内託児所・保育所が利用しやすいのもメリットとして挙げて良いのではと思います。

日勤常勤看護師求人を探すには

子育て中のママナースにとってメリットが多い働き方が可能な日勤常勤看護師の求人募集に関する情報ですが、情報収集にはやはり看護師求人に特化した看護師紹介会社の活用がオススメです。

担当者がしっかり転職先、復職先探しをサポートしてくれるこうした看護師紹介会社の活用によって、ママナース一人ひとりの事情に合わせて、働きやすい病院探しを手伝ってもらえます。

日勤常勤看護師の働き方、とはいっても勤務時間や残業、仕事内容ももちろん違いますからね。

希望条件に合わせて探す事が重要です。

⇒ ママナース転職・復職に強い看護師紹介会社

でもご紹介をしていますが、

ただでさえ、子育てと看護師の仕事の両立は大変です。
不安を軽減出来る、働きやすい職場を探すことがママナースには大切といえます。

医療ワーカー

マイナビ看護師

看護のお仕事

といったママナース向け求人が多い看護師紹介会社の活用によって、日勤常勤看護師についても情報を得られることがあります。

お住まいの地域によって求人状況も変わりますし、日勤常勤は希少な看護師求人となりますので、タイミングも重要ですね。

日勤常勤看護師としての働き方に興味のあるママナースは、まずは情報収集から始めてみてはと思います。

今すぐ転職、ではなくて良い転職先があれば考えたいという看護師さんの利用も多いですよ。