ママナースが働きやすい職場へ転職

産後ママナース 働き方


産後 ママナース 働き方

出産後、ママナースの働き方について

出産後、ママナースとして看護師の仕事と子育て、両立しながら働きたいけれど・・・働き方について迷っている、というママさんは多いと思います。

産休・育休を取得してママナースとして復職される方も多いと思いますが、出産前に退職、改めて今回、復職先をお探しになっている方もいらっしゃるでしょう。

産後ママナースの働き方、それぞれの雇用形態でのお仕事探しについて求人に強い看護師紹介会社など掲載をしていきます。

出産後、ママナースとして働き方の選択肢

ママナースの働き方
看護師の職場は産休・育休制度が整っている病院などが多いですから、しっかりと育休も取得されている方がママさんが多いと思います。

常勤看護師の取得も多いですが、パートでも産休・育休取得出来る職場も多いですね。

慣れ親しんだ職場に復帰できるのもメリットがありますね。

大体多いのは、出産して1年といった育休期間でしょうか。

早いママさんで産後半年で復職といった方もいますから、病院の事情やご家庭の経時的な事情などとも相談をしつつ実際の復帰時期について決めるママナースが多いのでは、と思います。

でも、経済的に余裕があれば2年、出来れば3年くらいは休みたかった!

というママさんの声も多いですね。

2歳、3歳頃って子供がグングン成長する時期です。
それこそ、日々成長していきますからね。

昨日できなかったことが、今日できる!
子供との会話が楽しい!

といった時期なので、「経済的に余裕があれば」休んだ方が良い、というママナースは多いです。

でも、実際には1年程度で復帰するママナースが多いですね。

産後、どういった働き方があるかというと、

・元の職場に元の働き方で復職
・元の職場に、外来や夜勤無しの職場に配置換えして復帰
・違う職場に復職・転職
・パートに変えてもらう

といったような働き方があります。

元の職場に元の働き方で復職

産休・育休の場合、「元の職場に元の働き方で復職」が多いのではないでしょうか。

病棟勤務のナースが多いと思いますが、復帰してからも一定期間は育児をしやすいように配慮してくれる病院なども多いです。

・夜勤免除期間あり
・介護休暇あり
・短時間正職員制度あり

などですね。

ただ、こうした制度があっても機能していないような人数がギリギリの職場もあります。

夜勤をどうするか、といった問題もあり復職後に働き方に悩むママナースも多いですね。

元の職場に、外来や夜勤無しの職場に配置換えして復帰

看護師
出産後のママが多い部門へ異動、配置換えしてくれる病院なども多いと思います。

夜勤無しで働く事が出来る外来は、ママナースが基本的に配置されている病院も多いのではないでしょうか。

他にはオペ室、訪問看護、健診部門などへ異動されるママナースも多いかと。

本人の希望と合わなければ、ここで退職、転職といった事もあるようです。

違う職場に復職・転職

出産前に退職していた場合、子育てしやすい病院を探して復職・転職といったケースも多いですね。

いざ元の職場に復職したものの・・・働きにくさ、激務から転職を考えるといったママナースもいます。

子育てと看護師の仕事の両立に限界を感じるようであれば、ママナースを歓迎してくれる働きやすい職場は多数ありますので、無理して働き続けずに転職を考えるというのも現実的な選択肢かなと思います。

パートに変えてもらう

常勤からパートに切り替えて働き続けるママナースも多いです。

キャリアは諦める事になる事も多いのですが、慣れ親しんだ職場でパート勤務を選ぶママさんも多いですね。

パートですからシフトの融通も利きやすいですし、委員会、勉強会も義務無し。
残業無しでも帰りやすいなど、子育て中のママナースにとってはメリットも多いです。

扶養内のパート勤務で働く事で家庭の時間もしっかり確保、両立しやすい働き方が実現出来ます。

産後、看護師としての復職時期をいつにするか

出産後、上記のような働き方などを考える事が出来ますが、いずれの働き方にしても家族からのサポートが無ければママナースとして仕事を続けるのは大変です。

自分か夫の実家が近く、両親からのサポートも得られるようであれば常勤夜勤ありでも働きやすいかもしれません。

院内託児所・保育所を利用しながら、何かあればサポートをお願いする。
そういった働き方をされているママナースは多いですね。

お互いの両親が遠方でサポートは得られない、となればパートで子育ての時間を優先といった働き方になるでしょうか。

次に悩むのは産後の復職時期ではないでしょうか。

産休・育休を取得している場合

産休・育休を取得している場合には、元の職場に戻ることが前提です。

育休明け前に悩んで、出勤せず退職・・・はトラブルの原因ともなりますので注意が必要です。

産後、仕事に復帰する時期としては半年~1年が多いですね。
院内託児所・保育所完備の病院が多いですし、日中も仕事の合間を見ての授乳OKな職場も多いでしょう。

院内託児所・保育所を利用している場合、何かあればすぐに様子を見に行ける、送迎の手間が無いといったメリットもあります。

2年など長期の育休期間をくれる医療機関もあるようですが、少数と言えるでしょう。

半年~1年の間で復職するケースが多いと言えます。

出産前に退職している場合

出産前に退職、タイミングを見て新たに復職先、受け入れてくれる病院を探すというママナースも多いと思います。

この場合、出産後の復帰のタイミングとしては、

・経済的に厳しいと感じる時期に復帰(収入が必要な時期)
・保育園に入園出来たタイミング
・1年、2年など最初から決めていた時期に復帰
・子供が幼稚園に入園したタイミング
・子供が小学生になったタイミング

子供のが幼稚園、小学生になったらという場合、末っ子が上がったらパートや常勤として復帰というママナースが多いです。

子育てが少し楽になったら、ということなのでしょう。

ブランク期間が長くても転職先は見つけられますから、子育てが忙しい、もしくは子供の成長をしっかり見守りたいといった場合には、経済的に余裕があるのでしたら長めに育児に専念される事もオススメです。

先ほどもありましたが、2歳、3歳と言った時期は日々成長していきますから、子供との触れ合いが楽しい時期でもあります。
(イヤイヤも大変ですが・・・)

ママナースの転職先探し

子供とパソコンを使うママ
新たにママナースとして、子育てしやすい病院などを探したい場合には、

⇒ ママナース転職・復職に強い看護師紹介会社

を活用されての情報収集がオススメです。

ママナースが考える、子育てとの両立しやすい条件で職場探しをサポートしてくれます。

扶養内などパート勤務で両立して看護師の仕事を続けていきたい、といった場合には、

看護師専門の求人サイトを利用して、ママナース向けパート求人を情報収集

をご覧になってみてください。

産後のママナースの働き方、復職時期はご家庭の状況、経済的な状況に左右される事が多いですね。

一つ言えるのは、看護師の仕事と子育て、両立しながら働く場合には「無理をし過ぎないこと!」が大切ということです。

家庭が回らなくて結局退職・・・といったケースもありますし、ママが体調を崩してしてしまったりといった事もあります。

子育てもまだまだ忙しいですし、休む間もないくらい忙しい!というママも多いと思います。

家族からのサポートも得ながら、無理のない働き方を選んでくださいね。